[インプラントって何?]  [プラトンインプラントについて]  [インプラントQ&A

インプラント治療によって、                              「食事をする」から「楽しく食事をする」に
「おしゃべりをする」から「楽しくおしゃべりをする」に
生活の質(QOL)向上をインプラントは実現しています。

歯がなくなってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(=インプラント)を埋め込み、見た目や機能を回復する治療方法です。入れ歯に比較して装着時の違和感もなく見た目も自然の歯と殆ど変わりありません。また、残った歯にも負担をかけないため、予防効果もあります。40年以上前にスウェーデンで初めて用いられ、現在は成功率が95%を超えた信頼性の高い治療として知られています。
歯が欠損すると従来までは入れ歯にするか、健康な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。しかし、これらの方法は、残っている天然の歯に負担をかけることにもなります。インプラント治療は、これらの問題を解決するために開発された歯科医療技術です。
ブリッジ
固定式なので装着しても違和感があまりありません。
人工歯の材料の選択により、天然の歯と遜色なく仕上げることが可能です。
ブリッジを支え、固定するために、両隣の健全な歯を削る必要があります。
失われた歯の分まで両隣の歯に負担がかかり、将来、その歯を失う可能性があります。
ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下にプラークが溜まりやすく、口の中が不衛生になりやすくなります。
入れ歯
ブリッジでは適応できない、失った歯が多数のケースに有効です。
ブリッジのように健全な歯を削らずに済みます。(削る替わりにクラスプと呼ぶバネで固定する場合があります。)
クラスプ(バネ)による隣の歯への負担が大きくなります。
健康な歯と同じように強く噛むことができません。
取り外して手入れをする必要があります。
口の中に違和感を感じやすい。
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
インプラント
天然の歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができます。
隣の歯を削る必要がありません。
人工歯の材料の選択により、天然の歯と遜色なく仕上げることが可能です。
インプラントを顎の骨に埋めこむための手術が必要です。
全身の疾患がある場合には治療できない場合があります。
インプラントを維持するためには十分な口腔内衛生の管理と定期的な検診が必要になります。
インプラント治療は一般的に次のような手順で進められます。ただし、患者さん個々の口腔内の状態、治療内容等によっては若干異なる場合もありますので、担当医の説明を聞き、よく話し合うことが大切です。
1.相談および問診、診断用資料の収集
歯科医師にご自分の希望を伝え、全身状態の問診や口腔内の状態を診査します。このとき、さらに詳しく調べるために印象採得(歯型を取ること)やレントゲン撮影を行います。また、必要に応じてCT撮影や血液検査なども行います。
2.治療方法、治療期間、治療費等の説明と治療方針の選択
(インフォームドコンセント)
診断用の資料を参考に治療計画を立て、これをもとに担当医と具体的な治療内容について話し合います。このとき、疑問を残さないように納得いくまで説明を聞くことが大切です。そして主体的に自分の意思で治療法を選択することが大切です。
3.インプラント埋入手術
手術中は麻酔が効いていますので無痛です。手術に対して恐怖感が強い患者さんには、大学病院から麻酔の専門医に出張してもらい、半ば眠っているような状態で手術を受けることも可能です。手術後は、入浴、飲酒、運動、喫煙は控え、無理をせずゆっくり休むようにして下さい。
4.術後管理・治癒期間
抗生剤などの薬が処方されますので服用し、インプラントをした部分の消毒をしてもらいます。傷口が治ったら自分で歯ブラシを使って丁寧に掃除します。インプラント治療後もほとんどのケースで強い痛みはありませんが、手術の内容によっては1週間程度腫れることがありますので、手術前に担当医に確認して下さい。治癒期間は個々のケースによって異なります。インプラントをする前に使っていた入れ歯は引き続き使用できます。また、インプラントの種類や手術した箇所によっては、早めに仮歯をセットできる場合もありますが、しばらくの間は強く噛まずに、インプラントに大きな力がかからないようにします。
5.型取り(印象採得)
インプラントがしっかり骨に接合(オッセオインテグレーション)されたことを確認したら、人工歯(あるいは仮歯)をつくるための型取り(印象採得)を行います。型取り(印象採得)を行ってから人工歯(あるいは仮歯)が出来上がるまでは、通常1週間から10日ほどかかります。
6.上部構造(人工歯)装着
人工歯をインプラントに取り付けます。歯科用のセメント(接着剤)で固定する方法と、スクリュー(ねじ)で固定する方法があります。噛み合わせを調整するために仮歯でしばらく様子をみる場合もあります。歯が長期間なかったり、治療範囲が大きい場合には、慣れるまで少し時間がかかることもあります。
7.定期健診
インプラントを長持ちさせるためには、口の中の毎日のお手入れが一番大切です。また、全身の健康状態によっても大きく影響されます。「歯」がよみがえった時の喜びを忘れずに、しっかりとお手入れをして下さい。また、歯科医院での定期的な検診も必ず受けるようにして下さい。定期健診のご案内のハガキをお送りしている歯科医院もあります。
最後に・・・
インプラントはあくまでも失った歯の代替物です。入れ歯やブリッジよりも格段に優れた効果がありますが、自分の歯と全く同じにならない場合があることも知っておく必要があります。特に歯を失ってから長い間そのままにしていた場合は、歯ぐきや顎の骨などが変化してしまっていることもあります。過大な期待を持ち過ぎないようにしましょう。担当の先生からよく説明を受け、治療内容を十分理解してから、インプラント治療を選択して下さい。
<参考文献>
 「入れ歯で悩む時代は終わりました」
  国際臨床出版社 編
 ホームページ内の記事・写 真の無断転載を禁じます。すべての著作権は(株)プラトン・ジャパンに帰属します。
 Copyright 2001 -2013 PLATON JAPAN Co., Ltd. No reproduction or republication without written permission.